トレーナー 情報

司法面接トレーナー研修を受講した方など,司法面接研修を実施できる方の情報です。
お名前
市来 竜哉
メッセージ
北海道大学司法面接支援室で仲先生からNICHDプロトコルを教わったことがきっかけで、司法面接への興味と関心が広がり、アメリカ(ミネソタ州ミネアポリス)でコーナーハウスプロトコルも学びました。

司法面接はひとりではできません。複数で「チーム」(職種や所属する機関が違う者同士で、これを構成します)を組んで行うところに正確さ、安心感、そして醍醐味があると私は感じています。

「〜について教えて(話して)ください。」、「それで?」、「それから?」といった、一見、単純と感じられる質問の大切さを知ったこと、時間を分割して聴く姿勢が身に付いたことで、私自身の面接が変わったように思います。

また、一言一句を敏感に、言い換えずその子(その人)の言葉で話してもらうことはもとより、その子(その人)の母国語ではどういう意味や内容なのか?ということにも関心が出てきたこの頃です。

(※ 研修は内部関係者向けに限らせていただいております。)
職種
家庭裁判所調査官、公認心理師有資格者(登録手続中)、臨床心理士
所属・職場
裁判所
トレーナー研修受講
2016年6月

実施研修 一覧

司法面接トレーナー研修を受講した方が実施した研修です。
開始日 終了日 研修名 地域 参加者数 備考 関連HP
合計
2016/11/28 2016/11/28 さいたま家庭裁判所川越支部自庁研修(関係者対象) 埼玉県 0 0 0 0 10 0 0 0 0 0 0 10
:児童相談所
:警察
:検察
:弁護士
:裁判所
:医療
:教育
:ワンストップセンター
:研究
:その他
:未規定
司法面接支援室 : 立命館大学 ・ 大阪いばらきキャンパス(OIC) ・ OIC総合研究機構 / 総合心理学部