技術情報

20101012日()

メディア(記録媒体)のデータの抹消方法

 メモリーカードやUSBメモリなどのメディア(記録媒体)のデータの抹消方法です。

 パソコンやビデオカメラで用いるメモリーカードやUSBメモリなどのメディア(記録媒体)のデータは、削除やフォーマットでは完全には抹消されません。
 必要に応じて、削除ではなく、抹消の処理が必要な場合があります。

 パソコンのソフトで、抹消の処理を専用に行う物もあります。
 ハードディスク以外のメディア(記録媒体)の場合、上記の専用ソフトを用いる事無く、抹消処理が可能な方法があります。

 メディア(記録媒体)の容量(サイズ)が、4Gバイト程度の場合には、パソコン上で3Gバイト程度のファイルを用意します(中身は誰が見ても全く問題ないもの)。このファイルを、メディア(記録媒体)に保存、削除、保存、削除と、2回以上処理します。
 メディア(記録媒体)がフラッシュメモリを用いている物であれば、恐らく、この処理でデータは抹消されると想像します。

 ハードディスクでは、容量が大きい等の理由で上記の方法は適切でなく、専用ソフトを用いるのが適切だと思います。

 多くの場合は、削除やフォーマットで問題ないと思いますが、必要に応じて抹消の事を考えておくのが適切な場合もあるかもしれません。
 
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
司法面接支援室 : 立命館大学 ・ 大阪いばらきキャンパス(OIC) ・ OIC総合研究機構 / 総合心理学部