報告

2009122日()

One-Stopサポートセンター(ソウル)を訪れました

 1月21日に韓国ソウル大学で行われた子どもの性被害アセスメント (Assessment of alleged child victim: Finding the truth and protecting the child)に関するカンファレンスに出席した後,翌22日に,チュンブク大学のパク先生のご紹介により,ソウル市内南部のOne-Stop サポートセンターを訪問した。このセンターは性被害その他の暴力的被害を受けた(とされる)女性,男性の保護,支援のための施設であり,1カ所で心理的,医療的,そして司法的ケアを受けることができるのが特徴である。2005 年にイークムヒャム警察部長が,韓国法と心理学会等にも携わりつつ立ち上げたということであった。ある中学生が性被害に遭ったとき,病院,警察,カウンセリングなど,何カ所も行かねばならなかった,その事態を改善するために設立されたのだという。現在では韓国にこのような施設が16箇所あり,利用者はますます増えているとのことであった。
 One-Stopサポートセンターは警察病院の1階に,独立の入り口を構えて設置されている。 4人の警察官,4人のカウンセラーが8時間ないし12時間交代で勤務し,性被害,DV,学校での暴力等の被害者を24時間体制で受け入れている。被害者の数は月におよそ100人,男性,女性の被害者がおり,子どもは1割程度である(子どもの被害は,インターネットによって呼び出され,虐待をうける例が多い)。近いうちに心理学者も加わる予定だということであった。この施設は警察病院,警察,ソウル市,女性省によってサポートされている。
 センターに入ると明るく広い事務室を6つの部屋が,取り囲んでいる。一番左端から休憩室(ベッドとソファがしつらえてある),カウンセリングルーム(L字型にソファがあり,テーブル,パソコン等の設備がある),医務室(診察台,組織を保存する冷蔵庫等がある),司法面接室(ワンウエイミラーを隔てて,一方はモニター室,もう一方は丸いテーブルのある面接室),そして一番右手にはホテルにあるような清潔できれいなシャワールームがあった。
 私の関心は司法面接とそれを行う司法面接室である。司法面接室には丸いテーブルに被害者,サポーター,そして司法面接を行う警察官の席があった。被害者の正面にワンウエイミラーがあり,天井と壁に計2台のカメラ,およびマイクロフォンがある。ここで得た画像,音声をモニター室でモニターすることができるようになっている。画像は英国と同様の部屋全体の画面,および被害者を移す2つの画面を合成できるタイプのものであった。テーブルの上にはアナトミカルドールがあった。ドールの使用は誘導につながる等議論の多いところだが,必要に応じて注意して用いているとのことであった。
 基本方針として,警察は中立的に聞くようにしているが,(前提として)被害があったことは疑わない。カウンセラーは被害者のサイドに立ち,被害者の言うことを信じる。「カウンセラーが誘導することはないか?」との問いに「事件になった場合はカウンセラーは法廷に呼ばれて証言をする」ため,誘導的なことは行われない,とのことであった。また,前日のカンファレンスでは,判事や検察官が司法面接の重要性を強調し,彼ら自身がCBCA(供述内容をある基準にそって査定し,供述の信用性を推定する方法)に類似した手法をとっているようであった。そのため,特別の司法面接法の訓練はまだ整備途中のようであるが,客観的証拠にもとづく情報収集の重要性は広く周知されているようであった。
 報告が前後するが,被害が発生した場合の手続きを述べる。被害者が訪れると,まずカウンセラーが最初のインタビューを行う(カウンセラーは誘導情報を提示しないように注意を払う)。そして,訴追するかどうか,医療が必要かどうか,を判断する。訴追する場合は警察官が面接を行い,録画したビデオを警察と検察に提出することになる(センターには残さない)。医療証拠は冷蔵庫に保管し,すぐに訴追しないときには科捜研のような部署に送られるということであった。このように複合的な対応が可能なので,面通ししなければならない場合等をのぞき,被害者はこのセンター一カ所でほとんどのケアを受けることができる。その後,PTSDがある場合は,カウンセラーによる13回のプログラムが用意されており,また50人の弁護士が提携していて法的なコンサルタントを受けることができる。カウンセリングも法的コンサルタントも無料とのことであった。なお,訴追するのは75%である(ただし,どれくらいが法廷で有罪になっているかはフォローしていないとのこと)。
パク教授によれば,韓国の人は新しい方法や手続きの導入には積極的であるとのこと(古い物をどんどん壊して新しくしていくのが好き,と笑いながらおっしゃった)。子どもはその恩恵を受けていると感じた。

仲 真紀子

262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
司法面接支援室 : 立命館大学 ・ 大阪いばらきキャンパス(OIC) ・ OIC総合研究機構 / 総合心理学部 TEL/FAX:072-665-2488